ステップメール

ステップメール(LINE)を実践する前の準備!ライバル分析が成功の鍵

こんにちは、山崎です。

今回はステップメール(LINE)を実践する前に、
準備することに関して述べていきます。

というのも、

ステップメールで自動化して、収益を出したい!

と思ったとしても、何も準備をせずに、
いきなりステップメール(LINE)を実践して、
利益を出そうと思っても上手くいかないパターンが多いからです。

何でもそうですが、
ある程度の成果や結果を出そうとするのであれば、
「準備」が必要になります。

そこで今回はステップメール(LINE)を実践したい人に向け、
何を準備すれば良いかについて述べていきたいと思います。

山崎
山崎
それでは、ここからは詳しく解説していきます。

準備①ステップメール(LINE)実践環境を整えよう

まずステップメール(LINE)を実践するには、
実践する環境を整えることが重要です。

山崎
山崎
メールとLINEだと準備が異なりますので、ここからは分けて話をしていきたいと思います。

ステップメールの場合

ステップメールを送る場合は、
メルマガスタンドと契約する必要性があります。

で、メルマガスタンドによっては、
無料でステップメールが送れるスタンドが存在しますが、

有料のメルマガスタンドと契約することを推奨します。

その理由は無料のメルマガスタンドは、
無料であることからもメールを送っても届かなかったり、

登録件数や配信数が限定されて、
思うようにリストマーケティングができなくなる可能性が高いからです。

このようなことからも、
ステップメールを実践する時は、
有料のメルマガスタンドと契約しましょう。

ちなみに個人的にはオススメなのは、
コストパフォーマンスが高いマイスピー(Myasp)を、
オススメしております。

山崎
山崎
詳しくは以下の記事でまとめましたので、ご覧ただければと思います。
【運用7年以上】マイスピー(Myasp)の料金・プラン・評判・解約(退会)等について述べます2014年から僕がお世話になっているメルマガスタンドであるマイスピー(Myasp)の料金・プラン・評判・解約(退会)などについて述べた記事になります。7年間運用した実績からマイスピー(Myasp)の使い心地をしっかりと述べておりますが、是非ともマイスピー(Myasp)に興味がある方は見ていただければと思います。...

ステップLINEの場合

ステップLINEを実践するには、
LINE公式アカウント(旧:LINE@)を入手すれば、
ステップLINEを送ることができます。

山崎
山崎
今までLINE公式アカウントのステップ配信機能はなかったのですが、2021年2月24日に、正式リリースされたのです

またLINE公式アカウントはメルマガスタンドと違い、
無料で登録することが可能です。

このようなことからも、

無料でステップメールが実践できるのだったら、メールよりもLINEのは良いじゃん!

と思う方もいるかもしれません。

しかし、LINEの料金形態を見る限りですと、

フリープラン ライトプラン スタンダード
月額固定費 無料 5,000円 15,000円
無料メッセージ通数 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 不可 5円 1.1円~3円

月1000通までしか無料で送ることはできないのです。

で、月1000通も送れれば、
十分と思う人もいるかもしれませんが、

ステップLINEと並行して使うとなると
すぐに上限に達してしまうのです。

例えば、仮に新規登録から10通、
ステップLINEが到達されるように設定いたします。

そうした場合、

10通×100人=1000通

となり、100人登録しただけで、
無料メッセージの上限に達してしまい、
その後はメッセージを配信できなくなってしまうのです。

ですから、初期の段階では良いかもしれませんが、
ある程度、リストマーケティングに慣れてくると、
かなりLINEステップだと費用が掛かってしまうのです。

さらに言えば、LINEステップだけでなく、
2〜3日に1回と言う頻度でLINEメッセージを送ろうとすることを仮定すると、

アカウント登録数が多くなればなるほど、
フリープランだとメッセージ数が全く足りないレベルになります。

基本的に運営が長くなってくると、
登録しているLINEアカウント数も1000、2000と、
増えていくものです。

そのような場合になると、
公式LINEのスタンダードプランでも意外とすぐに、
無料メッセージの上限値まで行ってしまうのです。

山崎
山崎
特に通常のLINEとステップLINEを平行して使用していると、すぐに配信メッセージ数を消費してしまうのです。

で、これに対してメルマガだと、
送信メッセージ数が無制限であるところが多いので、

登録人数や配信数を全く気にせずに、
いくらでもメッセージを送ることが可能です。

ですから、予算的にリストマーケティングを、
本格的に実践しようと思うのであれば、
やはりメルマガを中心に運営していくことを考えること推奨します。

準備②LPページを作成しよう

ステップメール(LINE)を実践していくには、
リストが必要となっていきますので、
リストを取得するページであるLP(ランディングページ)が必要となります。

で、このLP(ランディングページ)に関しては、
「自分で作る or 他人(企業)に作ってもらう」
という、二種類の選択肢があります。

LPを自分で作る

LPを自分で作成する場合、

ブログの記事ページとして作る
colorfulやペライチなどのLP作成ツールを使う

と主に二種類のやり方があります。

山崎
山崎
というわけで、ここからはこの二つについて詳しく述べていきます。

ブログの記事ページとして作る

 

まず自分でLPを作る時の候補として、
考えて欲しいのがブログの記事ページを作ることです。

ちょうど以下のような感じが、
ブログの記事ページでLPを作るという点です。

https://yamazaki01.com/line_lp/

上記のページをご覧いただければわかりますが、
ブログでもLPのように見せることは可能で、
これでも新規リストを取得することはできます。

山崎
山崎
LP作成にお金を掛けれない方、またLP作成する為のスキルに自信がない方でも、WordPressを扱える方は、上記のようにブログで作成することが可能なので、是非とも検討してみましょう。

colorfulやペライチなどのLP作成ツールを使う

 

自分でLP作成をするのであれば、
買い切りでワードプレスでLP作成できる

「colorful」

を導入したり、無料で1ページは作成することができる

「ペライチ」

を使うことをお勧めいたします。

特に個人的になオススメとしては、一度購入し、
使い方を覚えれば、何個もLPを作成することができる

「colorful」

が物凄いオススメです。

ちなみに僕の以下のLPも、
colorfulにて作成したLPとなります。

https://jdline.mobi/lp1

山崎
山崎
上記のレベルのLPであれば、比較的colorfulでも簡単に作成することができます。いくつも自身でLPを複数作成したいと思っている方は是非ともcolorfulをお勧めします

 

 他人(企業)に作ってもらう

一昔前はLPを他人(企業)作成してもらうとなると、
だいたい相場は30〜20万円とくらいと

ある程度の予算が必要であることからも、
外注するには厳しいのが現状でした。

しかし、最近では他の記事でも記述しましたが、
クラウドワークスとかランサーズなどの

クラウドソーシングサービスにて、
基本的に個人へ委託する形になりますが、
10〜5万円と安価でLPを作成できるようになりました。

このようなことからも、
LP作成に時間を省きたくない方やパソコンの操作が苦手な方は、
他人(企業)に作ってもらうことを視野に入れると良いです。

ただし複数LPを作成したい方は、
外注費が高くなってしまうことからも、

上記のcolorfulなどで自身で作成できるスキルを、
身につけた方が良いと言えます。

山崎
山崎
既に自分で商品やサービスをお持ちの方は、セールスレターなどもcolorfulで作成することができますので、colorfulを手にしておくことは、さらにオススメかもしれません。

準備③ステップメール(LINE)で内容が似ているライバルを徹底的に分析して、メッセージを作成していこう

メルマガスタンド(公式LINE)とLPの準備が終わりましたら、
この時点でリストを取りを開始して、
ステップメール(LINE)を実践することはできます。

しかし、この時点で、
考えもなしにステップメール(LINE)実践すると、
ほぼ高確率で失敗します。

その理由はステップメールは「戦略」が鍵を握り、
戦略なしに実践したところ利益を生むステップメール(LINE)を作ることは、
不可能に近いからです。

けれども、その戦略って、
一体、どのように立てていけば良いかという話ですよね?

特に初めてステップメール(LINE)に挑戦する人は、
先着を作るために何から手につければ良いか、
わからない方もいらっしゃるかもしれません。

山崎
山崎
僕も最初はステップメール(LINE)って、どのように作れば全くよくわからなかったですし、成果が上がるイメージが全くできませんでした・・・

で、このような時の対処法として有効的なのが、

「徹底的にライバル分析すること」

が肝を握ります。

具体的にいえば、
自身と同じジャンル(業界)でステップメール(LINE)を実践しており、
なおかつ実績がある人のステップメール(LINE)の内容を徹底的に分析することです。

ちなみにライバル分析の実践のポイントとしては、
以下の通りとなります。

1.同じジャンルの人であれば誰でもメルマガ(LINE)登録
2.登録した人の中でも、文章や企画が上手い人を絞っていく
3.実際に商品やサービスを購入してみる

では、ここからは上記のポイントに関して、
詳しく述べていきたいと思います。

1.同じジャンルの人であれば誰でもメルマガ(LINE)登録

まずはジャンルの人であれば誰でもメルマガ(LINE)登録することが重要です。

なぜ、このようなことをするかと言えば、
現在の実績やLPが微妙な人であったとしても、
メルマガの内容が非常に良い人もいるからです。

なんというか人で言うと、
外見上は微妙だとしても話してみると、

内面がむちゃくちゃ素晴らしかったみたいな感じで、
きちんと接してみることで初めてわかる良さがあるからです。

ですから、選り好みせずに、
まずは同じジャンルの人であれば、
誰でもメルマガ(LINE)登録していきましょう。

ちなみにメルマガ(LINE)実践者は、
だいたいブログやSNSにはメルマガ(LINE)登録のリンクがありますので、

Google検索やSNSから相手のブログやSNSアカウントを探せば、
メルマガ(LINE)登録のLPを探すことができます。

2.登録した人の中でも、文章や企画が上手い人を絞っていく

①で片っ端からメルマガ(LINE)登録をした後は、
文章や企画が上手い人を絞っていきましょう。

具体的に言えば、
あまり響かない人の文章のメルマガ(LINE)だったり、

面白くなさそうな企画を実践している人のメルマガ(LINE)を
配信解除していくと言う流れです。

で、そのような作業をしていき、
だいたい2〜3人の発信者に絞るのがベストです。

そして、その絞った発信者が、
ステップメール(LINE)を実践しているのであれば、

初回のメール(LINE)から、
今まで配信されたメール(LINE)を考察していきましょう。

山崎
山崎
例えば、ステップメール(LINE)の一通目で、自己紹介と自身の実績を出している内容だとしたら「その実績を公開する時に書籍を出版していることアピールしていることからも、信頼性を確保している・・・」と、このような感じで、自身で良いと思った点を書き出していくと言う感じです。

で、その後は考察したメール(LINE)を参考にして、
自身でメッセージを作成していきます。

ちなみに最初から上手くメッセージが作れなく、
最初はかなり実力者の真似っぽくなる可能性が高いですが、
意外と真似の方がリスト登録者からの反応が取れたりします。

ですから、あまり細かいところは気にせずに、
自身がうまいと思ったり、面白いと思う人のメール(LINE)を参考に、
メッセージを作っていきましょう。

3.実際に商品やサービスを購入してみる

そして、②の次は絞った人の中でも、
魅力的な商品またはサービスを実際に購入してみましょう。

えぇ・・・購入するのにお金がもったいないかも

と言う人もいるかもしれませんが、
ここで商品を購入するかしないかで、
後の自身のステップメール(LINE)での成果が大きく変わります。

と言うのも、自身と同じジャンルの人の商品やサービスを購入してみて、
それが自身が満足するものであれば、

自分がステップメール(LINE)で発売していく商品やサービスも、
その魅力的な人と同じような商品やサービスにしていけば、
同じように良い商品やサービスになる可能性が高いからです。

勿論ですが、自身で商品やサービスを作るときは、
相手の商品やサービスの内容を丸々パクってしまうのはNGです。

しかし、良いと思うポイントや工夫している点は、
どんどん真似をしていきましょう。

そもそも完全オリジナルの商品やサービスなど殆ど存在しません。

どこかしらが誰かの商品やサービスに、
似ていたり、似てしまったりしているものです。

ですから、自身が販売する商品やサービスをイメージする為、
是非とも魅力がある人の相手の商品やサービスを手にしていきましょう。

準備④まずはステップではなく、単発のメルマガ(LINE)で反応を観察しよう

考察したメール(LINE)を参考にし、
自身でメッセージを作成していきましたら、

まずはいきなりステップメール(LINE)を組むのではなく、
単発のメルマガ(LINE)で自身のリストに配信していきましょう。

で、この配信する時のメッセージの下に、

「是非ともこのメルマガ(LINE)の感想や質問をお待ちしております!」

的なメッセージを書きまして、
リスト登録者からのフィードバックをいただきましょう。

ちなみにフィードバックをいただく時は、

「感想や質問をくれた人には、◯◯をプレゼント致します!」

と、感想や質問をくれた労として、
魅力的なプレゼントを上げたりしますと、
回答率を上げることができます。

そして、そのいただいた感想や質問を元に、
送ったメッセージをブラッシュアップしていきます。

例えば、

もっと具体的に教えて欲しい!

的なメッセージが来ましたら、
もっと内容を具体的するように発信していくようにする。

ここに文字を入力してください

本当にこれで成果が出るのでしょうか?[/chat]

みたいな不安を抱えているメッセージがあったら、
実績の画像や成功者の音声や動画を発信する。

このようにステップメール(LINE)をいきなり作らず、
単発のメール(LINE)で最初は、

相手のニーズやウォンツを聞き出し、
それを反映したメッセージにしていくことが重要なのです。

いざ実践!シナリオ化を作成して、自動での収益を手にしよう!

先程の①〜③の過程を経た後に、
単発のメール(LINE)リスト登録者のニーズやウォンツ満たしたら、
いよいよステップメール(LINE)を作成していきます。

で、ステップメール(LINE)の作成方法に関しましては、
別記事で詳しく書いていきますが、

基本的には単発のメール(LINE)送って反応が良かったものを、
ステップメール(LINE)として組んでいけば問題ありません。

その反応が良かったステップメール(LINE)にして、
組むだけでも十分な反応が取れます。

また自身の商品やサービスを、
ステップメール(LINE)で販売していく場合は、

まずは単発のメール(LINE)で販売していき、
その単発のメール(LINE)の内容で商品やサービスが売れたら、

その販売の時のメッセージを、
ステップメール(LINE)として組んでいう形になります。

このような形にすると、
新規リストに対して自動的なセールスが行われ、
不労所得を獲得できるようになります。

山崎
山崎
リストマーケティングを実践していくのであれば、是非ともこのステップメール(LINE)自動化を目指していきましょう!

まとめ:準備で最も大事なのはライバル分析である

というわけで、今回は

ステップメール(LINE)を実践する前の準備

について述べてきました。

そして、述べてきた中でも、
ステップメール(LINE)にて成果を出す為に最も大事な準備は

ライバル分析

となります。

このライバル分析をしっかりやるか、やらないかが、
本当に成果の出る別れ目と言っても過言ではありません。

むしろ、ステップメール(LINE)を導入しても、
うまくいかない人は基本的にライバル分析をしていない、
または出来ていない人が殆どだからです。

逆にいえば、ライバル分析がしっかり出来ていたら、
勝手にステップメール(LINE)が上手くいく可能性が高いです。

その分析するライバルが優秀であれば、
そのライバルの運営を真似していけと、

結果的に優秀なコンテンツを自分が作り上げることに繋がり、
同じように結果が出るからです。

また特にライバルを真似ることは、
自身に実力がなかったとしても、

似たようなコンテンツを作ればいいことから、
商品やサービスを作る時も非常にラクなります。

ちなみに6年前に僕が動画の商品を初めに作った時も、
上手い人のステップメール(LINE)を真似をしました。

さらには商品の中身は、
様々な動画の教材の勉強になったものを抽出し、

さらにそこから自身の実践ベースを元にしたものであったので、
作成するのにあまり頭を使いませんでした。

しかし、結果的に当時は多くの人から高評価をいただき、
売上も180万円となりました。

僕自身も真似をしてきたことで、
ここまで成長してきたのです。

このようなことからも、
是非ともライバル分析をしっかりして、
良いところはどんどん真似ていきましょう。

それがステップメール(LINE)で成功する秘訣です。

それでは、今回はこの辺で失礼します。